就労継続支援事業B型 協立作業所

  • 1日のスケジュール
  • 主な活動内容
  • 活動報告
  • 利用の流れ

一人ひとりが普通に生活を楽しめ、生き生きと暮らせるよう、「生活リズムの安定」「自信をつける」「地域交流を大切にする」「仲間を大切にする」ことを目的に活動しています。
また、作業やレクリエーションについてミーティングする機会を設け、みんなで意見が出せるよう雰囲気作りを大切にしています。

  • 協立作業所の外観
  • あしなみマップ

1日のスケジュール

朝のミーティング・作業

ラジオ体操・休憩

作業

昼休み

作業

ラジオ体操・作業

休憩

作業

帰りのミーティング

解散

主な活動内容

作業

  • 作業の様子

袋詰め・箱詰め作業、封入封緘、菓子箱折り・組み立て、公園清掃・管理、バザー品販売など、様々な作業を行なっています。作業内容は不定期ですが、安心して取り組めるよう、できる事から取り組んで頂いています。

自主製品

メモスタンド、マグネット、リース、ドリームキャッチャーなどを作成しています。様々な工具や材料を使い、みんなで協力しながら作成しています。

レクリエーション

  • レクリエーション

月1回、外出プログラムや交流会(お花見・納涼会・クリスマス会・初詣など)、日帰りのバスレクを実施してます。コミュニケーションや、外出するきっかけ作りになれば良いと考えています。

一泊旅行

  • 一泊研修旅行(宴会)

年に1回、一泊研修旅行を実施しています。視野を広げ、自然や文化に触れる貴重な時間となっています。

調理

  • 調理実習

月1~2回実施しています。班に分かれて順番で昼食を作っています。メニュー決めや買い物も班で行います。調理に慣れていない方でも、安心できるよう、相談しながら、できる事から取り組んで頂いています。

その他

  • ミーティング

区内イベント、保健所での交流会などに参加し、地域の皆様と共に、安心して生活できる環境づくりを目的に、取り組んでいます。
また、就労や生活面の相談支援も行なっています。

活動報告

利用の流れ

お問い合わせ

【03-3840-4339】
お電話にてお問い合わせください。
※精神科に通院治療されている方で、保健所(保健センター)・病院・福祉事務所などの関係機関を通して申し込んでいただくことが原則です。

見学

施設内の様子や作業の内容等をご説明します。
※見学は随時受け付けています。まずはご連絡下さい。

体験利用、又は実習

体験利用期間を設けています。
※実際の作業を体験できます。
※期間や回数については、相談の上、決めます。

利用契約手続き

体験利用後、正式な利用について相談します。
※必要な書類を提出して頂き、利用契約を交わします。
※契約にあたっては、障害者福祉サービス受給者証が必要になります。(担当の保健師にご相談下さい)
※利用料1割負担。なお、利用者負担額の軽減等が適用される場合は、この限りではありません。障害福祉サービス受給者証をご確認ください。

上に戻る